スーパービジョン



専門のカウンセラーによる産業保健スタッフのためのスーパービジョン
(毎月第4木曜日・永原相談員)


職場のメンタルヘルスの担い手として従業員からの相談対応にあたっている産業保健スタッフを対象に、スーパービジョンを行っています。
 スーパービジョンとは、スーパーバイザー(指導するもの)とスーパーバイジー(指導を受けるもの)との関係間における教育方法で、人として、相談を受ける者としての資質の向上を目指すために行うものです。
従業員からの相談を受けた後、自分が苦しくなったり、適切に対応できたか心配になったりしませんか。
 専門のカウンセラーをスーパーバイザー、ご自身をスーパーバイジーとしてスーパービジョンを受けることで、自分の相談の在り方や自分自身を振り返り、自己理解を深める助けになります。
良き相談相手になるために、自分自身がどんな状態にいたらいいのか、一緒に考えてみましょう。

  • 開催日 毎月第4木曜日 午後2時から4時
  • 会 場 茨城産業保健総合支援センター
  • 対象者 勤労者の心理相談やカウンセリングを行っている産業保健スタッフ(毎回2名)
  • 費 用 無料
  • 申込方法

    スーパービジョンを希望される方は

    1. お名前
    2. 所属(会社名等)
    3. 希望日
    4. 職種または役職(産業医、産業看護職、衛生管理者、人事・労務担当者等)
    5. 連絡方法(※電話、FAX、Eメール等 必ず記載)を明記の上、茨城産業保健総合支援センターまでFAX又はEメールでお申込ください。
      折り返し、センターからスーパービジョンの可否についてご連絡いたします。
☆ スーパーバイザー 永原 伸彦先生

(カウンセリング担当産業保健相談員、(財)茨城カウンセリングセンター副理事長 )

メールで申し込む

こちらをクリック

FAXで申し込む

申込用紙ダウンロード(PDF)

申込用紙ダウンロード(WORD)

FAX番号:029-227-1335

※スーパービジョンは研修ではありません。個別の事例についてご相談をお受けいたします。