産業保健に関する研修・セミナー予定一覧



>>産業保健セミナー【シリーズ】はこちらから >>関係団体のセミナーはこちらから


●お願い●

※お申込のセミナーを欠席される場合は、お手数ですが茨城産業保健総合支援センターまでメール等で必ずご連絡をお願い致します。

>>産業保健セミナーを受講される皆様へ >>産業保健セミナーの受講を申し込まれた皆様へ

日本医師会認定産業医研修 … 日本医師会認定産業医制度 産業医学研修会 (生涯研修)
           ※基礎研修の単位は取得できません。

産業医のみなさまへ

日本医師会認定産業医制度産業医学研修会における受講者の本人確認についてのお知らせをご覧下さい。



近県のセミナー開催予定表へのリンク 栃木  群馬  埼玉  千葉

  セミナーの申込み方法

下記の様式からお申込み下さい。

  1. ホームページからのお申込み
    こちらからお申込みのフォームに入り、必要事項を記入のうえ、お申込みの講座にチェックマークをしてお申込み下さい。
    同時に複数の講座を申込み可能です。お申込みいただきますと自動返信で記入いただいたメールアドレスに受講票が配信されます。(メールアドレスに誤りがありますと自動返信メールは届きません。)
  2. FAXでのお申込み
    下記のファイルをダウンロードして必要事項を記入のうえ、FAXでお申込み下さい。
    受講申込書(Word版)Word   受講申込書(PDF版)PDF
    FAX番号:029-227-1335

産業保健セミナー一覧


開催日時テーマ会場
2月27日(火)
14:00-16:00
 ストレスチェック実施後の集団分析結果に基づく職場の環境改善〜過重労働解消のヒント〜
 【主な対象者】 産業医、産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者、事業主等
日本医師会認定産業医研修
[ 単位 : 日医(生涯・更新)2単位 ]
水戸FFセンタービル 11階会議室(水戸市南町3-4-10)
3月1日(木)
18:00-20:00
 放射線と健康診断
 【主な対象者】 産業医、産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者等
日本医師会認定産業医研修
[ 単位 : 日医(生涯・専門)2単位 ]
水戸FFセンタービル 11階会議室(水戸市南町3-4-10)
3月8日(木)
13:30-15:30
 検知管の手法を用いた化学物質のリスクアセスメントの実習
 【主な対象者】 産業医、産業看護職、衛生管理者、事業主等
日本医師会認定産業医研修
[ 単位 : 日医(生涯・実地)2単位 ]
ワークヒル土浦 研修室 (土浦市木田余東台4丁目1-1)
3月13日(火)
18:00-20:00
 業務上疾病の労災補償と小規模事業場の労働衛生管理
 【主な対象者】 産業医、産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者、事業主等
日本医師会認定産業医研修
[ 単位 : 日医(生涯・専門)2単位 ]
水戸FFセンタービル 11階会議室(水戸市南町3-4-10)


共催セミナー等のご案内


以下のセミナーを下記の団体と共催で開催いたします。

お申込・お問い合わせは、其々の連絡先へお願い致します。

開催日時 内容 会場/定員
茨城衛生管理者協議会研修会のご案内

開催日
平成30年
2月7日(水)
開始時刻 13:30
  〜終了 16:00頃
【タイトル】 
衛生管理者に、今求められるもの
〜産業医と衛生管理者のより良き連帯を目指して〜

【研修会次第】

  1. 挨拶 
    茨城衛生管理者協議会代表幹事 
    茨城労働局健康安全課長
  2. 問題提起
    衛生管理者の業務と産業医との接点
      (企業との橋渡し役と課題)
    講師:かたくら労働衛生コンサルタント事務所長
       片倉薫
    産業医から衛生管理者へ求めるもの
    講師:筑波学園病院 産業医科長 宮崎ゆか
  3. パネルディスカッション
    パネリスト
    筑波学園病院産業医科長 宮崎ゆか
    かたくら労働衛生コンサルタント事務所長
                片倉薫(進行役)
    茨城衛生管理者協議会代表幹事 野口清

【参加申込み】  こちらをご覧下さい。
  (茨城労働基準境界連合会のホームページ)

【会場】
国民宿舎水郷跡地(霞ヶ浦の湯)大ホール 
土浦市大岩田255
霞ヶ浦総合公園内 
駐車場有り




カウンセリング講座のご案内


講師 : 永原 伸彦 先生(カウンセリング 担当相談員)

永原先生平成30年度のカウンセリング講座は、前期で「心が開かれていくためのカウンセリング入門」、後期では「大人のための『プレイ・セラピー』入門」というテーマで開催します。

<前期>「心が開かれていくためのカウンセリング入門」

カウンセリングにおける「共感的応答」も「受容的応答」も、心が開いていないまま行われると、型通りの「心のこもらない」応答になってしまう恐れがあります。
カウンセラー修行で最も大切なことのひとつは、実は「心が開かれた」態度を身につけることでした。カール・ロジャーズは、これを「自己一致的態度self-congruence」と呼びました。このような態度を育むための実践的方法を学んでいきましょう。

<前期> テーマ :「心が開かれていくためのカウンセリング入門」
1 平成30年 5月10日(木) 「心が開かれていくとき」
2 平成30年 6月14日(木) 「心は、相互的に開かれていく」
3 平成30年 7月12日(木) 「面接場面での実践的応用」

<後期>「大人のための『プレイ・セラピー』入門」

「プレイ・セラピー」の「プレイplay」は、遊ぶ・演奏する・演じるなど多様な意味があります。
言語的カウンセリングが難しい子どもとのカウンセリングとして開発された「プレイ・セラピー」を学ぶことによって、実は大人とのカウンセリングにも豊かに応用できることがわかるしょう。
「プレイ」とは、「心を奏でる」ことです。「プレイ」の持つ豊かな世界をご一緒に探訪してまいりましょう。

<後期> テーマ :「大人のための『プレイ・セラピー』入門」
1 平成30年 9月13日(木) 「プレイ・セラピーの豊かな世界」
2 平成30年10月11日(木) 「アクスラインの8つの原理」
3 平成30年11月 8日(木) 「大人との面接場面でどう生かすか」
  • 時間はいずれも14:00-16:00、各回前半は講義形式、後半は講師がファシリテーターとなった「分かち合い」方式です。
  • 定員は12名
  • 都合により、内容に若干の変更が生じることがあります。
  • 新しい内容ですので、このカウンセリング講座受講経験のある方も、お申し込み可能です。
  • 定員を超えた場合は、抽選といたします。

なお、受講者は、各3回の講座を全て受講できる方を対象とします。

受付期間

前期:平成30年4月2日(月)〜4月20日(金)

後期:平成30年9月3日(月)〜9月21日(金)


開催時間:午後2時〜午後4時 会場:水戸FFセンタービル 会議室 (11階) 【案内図】

【住友生命水戸ビルから名称が変更になっています。】

※都合によりプログラムの一部が変更されることがあります。予めご了承ください。


メンタルヘルス・ケースカンファレンスのお知らせ


メンタル不調者や新型うつ病が年々増える傾向にあり、企業の担当者が対応に苦慮している事例も多数見受けられます。本セミナーでは、参加者が提示するメンタルヘルス事例について、全体で討議を行い、当センターの産業保健相談員(精神科医:メンタルヘルス担当)が総括とアドバイスを行います。現場でメンタルヘルス対策に苦慮されている方々にとってとても参考になるセミナーです。
原則として偶数月1回、対象は産業看護職、衛生管理者及び人事労務担当者等、事例がなくても参加できます。なお、提示された事例については、秘密を厳守いたします。


       開催日(全4回)  偶数月 ただし、8月、12月は閉講

1 平成29年4月26日(水)
2 平成29年6月28日(水)
3 平成29年10月25日(水)
4 平成30年2月28日(水)

いずれも、午後2時40分から午後4時まで。

会場:水戸FFセンタービル 会議室 (11階) 【案内図】

講師:山村 邦男 先生(メンタルヘルス 担当相談員)

対象:産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者等

定員:1回あたり10名程度

参加申込方法:参加をご希望の方は、当ホームページの申込フォームをご利用下さい。

または、産業保健セミナー受講申込書に必要事項をご記入の上、茨城産業保健総合支援センターまでFAX
 又はEメールでお申込みください。 折り返し、センターから受講票をお送りいたします。

※当ホームページの申込フォームでの受付は2ヵ月前を目安に開始しています。

・同時に複数回分お申込いただくことも可能です。※複数回分お申込の場合にはFAXでお申し込み下さい。

>>産業保健セミナー受講申込書 PDF >>WORD文書 WORD文書

・事例提供者以外の方の参加も歓迎いたします。
  お申し込みはこちらから⇒



関係団体のセミナー


筑波大学
「ストレスチェックを軸とした実効的な社内メンタルヘルス支援システムの構築講座」のご案内

 

本講座ではストレスチェックを軸とした最先端の研究に裏付けられた、実効性のある事後措置について、社内メンタルヘルス支援システムの構築を具体的に紹介します。

【講師】
  松崎 一葉 先生
  (筑波大学医学医療系産業精神医学・宇宙医学グループ教授、元茨城産業保健総合支援センター産業保健相談員)
  吉野 聡 先生 (ゲートウェイコンサルティング(株)代表取締役  精神科産業医)

【開催日程】
  2月14日(水)
     1限 10:00-11:00      2限 11:05-12:05
     3限 13:05-14:05      4限 14:10-15:10      5限 15:15-16:15

【開催場所】
  フクラシア丸の内オアゾ Hall A  (東京都千代田区丸の内)

【受講対象者】: 役員・管理職など組織を管理する立場にある方、人事労務者担当 など

【受講費用】: 1社  150,000円(税込) 1社3名まで参加可能

詳しくはこちらをご覧ください (筑波大学のサイトにリンクします)


日本産業精神保健学会研修セミナーのご案内

 
日本産業精神保健学会教育・研修委員会/産業看護職部会/心理職部会
平成29年度第2回(第49回)日本産業精神保健学会研修セミナー
開催日時 内容 会場
2018年
3月10日(土)
14:00
  〜 17:00

お申込みは、
こちらのリーフレットをご利用ください。
FAXにてお申込みください
申込先:
〒181-8611 
東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室 研修セミナー事務局
FAX:0422-44-0841
(問い合わせは 0422-47-5512 内線3460 )

【タイトル】
職場での「働き方」を変える 〜睡眠負債をなくし、健康経営へ〜
 一億総活躍社会の実現に向けた「働き方改革」は、日本の企業や暮らし方の文化を変えるものです。 今回の研修セミナーのテーマは、職場での「働き方」を変えるとしました。
 潜在的な睡眠不足(睡眠負債)はうつ病などの様々な病気リスクを高めますが、適切な睡眠をとることで日中のパォーマンスが上がり、仕事の効率が良くなります。睡眠負債を改善することは働き方が変わることにつながります。
また、従業員自身のワークライフバランスや時間の使い方を見直すなど、働き方を変えることは、健康経営へとつながります。
 この機会に、職場での「働き方」を変えることについて、ご一緒に考えていきましょう。
【次第】
14:00
 開会挨拶 角田 透(杏林大学 名誉教授)
14:05〜15:25
  「働き方を変える 睡眠負債の改善法」
  一般社団法人日本睡眠改善協議会 理事長 白川修一郎先生
  【座長】 松井知子
     (杏林大学保健学部健康福祉学科/心理職部会長)
15:25〜15:35
 休憩
15:35〜16:55
  「働き方を変える 健康経営に向けて」
  日本メディメンタル研究所(株式会社JPRON)所長 清水隆司先生
  【座長】 三木明子
     (筑波大学医学医療系/産業看護職副部会長)
17:00 
閉会挨拶 錦戸典子(東海大学健康科学部/産業看護職部会長)


 【その他】
  • 参加費:本学会会員 無料 非会員 3,000円(当日支払)
  • 研修申込み方法(平成30年3月1日まで)
    FAXにて、参加申込書に必要事項を記入の上、お申込みください。
  • 研修申込先:〒181-8611 
    東京都三鷹市新川6-20-2
    杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室 研修セミナー事務局
    FAX:0422-44-0841(問い合わせは 0422-47-5512 内線3460 )
  • その他
    日本産業衛生学会専門職制度の規定単位(10単位)申請中
    日本産業衛生学会産業保健看護専門家制度の専門研修(2単位)申請中
東海大学高輪キャンパス
1号館2階1203教室

(東京都港区高輪2-3-23)
地下鉄「白金高輪」駅下車 徒歩約8分


産業医科大学 首都圏プレミアムセミナー・シリーズのご案内

 

国内随一の産業保健の専門家養成機関、産業医科大学が、これまでの叡智を結集して、首都圏で「プレミアムな教育事業」が展開されます。 <有料>

2017年度開催コース
共催 東京都医師会 ☆日本医師会生涯研修単位認定は申請中

詳しくはこちら  (産業医科大学のサイトにリンクします)