メンタルヘルス対策支援 従業員の心の健康対策への取り組み方法が分からないという事業所の皆様へメンタルヘルス対策に取り組もうとする事業場を支援します。

メンタルヘルス対策支援


メンタルヘルス対策支援の内容

茨城産業保健総合支援センターでは、事業場のメンタルヘルス対策への取組を支援するため、以下の事業を実施しています。今年度は、中小規模事業場の取組を重点的に支援します。

  1. 相談対応
    産業保健に関する専門家である産業保健相談員が、産業保健関係者からのメンタルヘルスに係るご相談に応じます。
  2. メンタルヘルス教育
      @ 管理監督者等に対するメンタルヘルス教育(デモンストレーション)を実施することにより、メンタルヘルス教育の取組について支援します。
      A 新入社員や20歳代の若手社員を対象とした「メンタルヘルス指針」に定められている労働者への教育研修を実施します。
  3. 個別訪問支援
    メンタルヘルス対策に関する専門家であるメンタルヘルス対策促進員が、事業場を訪問し、事業場のメンタルヘルス対策の導入に関する取組について支援します。
  4. ストレスチェック制度の導入
    メンタルヘルス対策促進員(カウンセラー・社会保険労務士等)が、事業場を訪問し、ストレスチェック制度の導入をお手伝いします

1 相談対応

産業医、産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者等の産業保健スタッフを対象に、メンタルヘルスに関するご相談をお受けします(治療・カウンセリングはいたしません)。当センターの相談室での面談、もしくはお電話でご相談をお受けします。事前に予約をおとりください。費用は無料です。相談日・申込方法など、詳しくは下記よりご確認ください。

  • 「働く人のこころの健康相談室」(毎週金曜日・早川相談員)
    詳しくはこちら
  • 「メンタルヘルス、がん、脳卒中、肝疾患、治療を受けながら働くためのなんでも相談」(毎週水曜日・河島相談員)
    詳しくはこちら
  • 「専門のカウンセラーによる産業保健スタッフのためのスーパービジョン」
    (月1回第4木曜日・永原相談員)
    詳しくはこちら
  • 「精神科医による個別相談」(月1回第4水曜日・山村相談員)
    詳しくはこちら
  • 「産業保健相談員(担当分野 メンタルヘルス)による相談対応」
    @対象  産業医、産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者などの産業保健スタッフ
      ※職場において労働者の健康管理の指導等に当たる産業保健関係者を対象とします。 
    A相談日  随時
    B相談方法  面談、メールなど 
    C申込方法 

茨城産業保健総合支援センターまで電話、ファックスまたはメールでお申込み下さい。
折り返し、当センターより申込者あてご連絡します。
お申込みの際、次の事項を記載する等してください。

  1. 相談者氏名
  2. 事業場名称・所在地・連絡先
  3. 相談者の職名(産業医・産業看護職・衛生管理者・人事労務担当者など)
  4. 希望日時
  5. 相談内容

【産業保健相談員(担当分野 メンタルヘルス)】
 笹原 信一朗(筑波大学医学医療系 准教授)
 友常 祐介(元筑波大学医学医療系 助教)
 大井 雄一(筑波大学 医学医療系 助教)


2 メンタルヘルス教育

@ 管理監督者向けメンタルヘルス教育

メンタルヘルス対策促進員(カウンセラー・社会保険労務士等)が、事業場を訪問し、管理監督者に対するメンタルヘルス教育を行います。併せて、メンタルヘルス教育の自主的な実施につながるよう支援します。
1事業場1回に限ります。費用は無料です。以下のような内容で実施できます。

  • メンタルヘルスの現状(ストレス状況、自殺など)
  • 職場におけるメンタルヘルス対策(4つのケア、復職支援など)
  • 管理監督者の役割(部下への対応、傾聴など)
  • ストレスとは?
  • メンタルヘルス不調とは?(うつ病対策、その他の精神疾患について知る)
  • セクハラ・パワハラとは?
  • ストレスチェック制度とは?

A若年労働者(新入社員や20歳代の若手職員)向けメンタルヘルス教育

20歳代の労働者は「勤務問題」に関して大きな負荷を抱えやすい傾向があるため、メンタルヘルス対策が重要です。
メンタルヘルス対策促進員(産業カウンセラー、社会保険労務士、臨床心理士など)が、事業場を訪問し、若年労働者に対するメンタルヘルス教育を行います。
1事業場あたり1回に限ります。費用は無料です。
内容は・・・

  • ストレス及びメンタルヘルスケアに関する基礎知識
  • セルフケアの重要性及び心の健康問題に対する正しい態度
  • ストレスへの気づき方
  • ストレスの予防、軽減及びストレスへの対処の方法
  • 自発的な相談の有用性
  • 相談先に関する情報

3 個別訪問支援

メンタルヘルス対策促進員(カウンセラー・社会保険労務士等)が、事業場を訪問し、メンタルヘルス対策の初歩的取組を支援します。費用は無料です。以下のような取組を支援します。

  • 衛生委員会での調査審議はどんなことをしたら良いか
  • こころの健康づくり計画を策定したい
  • メンタルヘルス対策のための事業場内体制を整備したい
  • メンタルヘルス不調者を早期発見したい
  • 職場復帰支援プログラムを作成したい
  • 教育・研修を計画したい
  • セルフケア研修を実施したい

4 ストレスチェック制度の導入

メンタルヘルス対策促進員(カウンセラー・社会保険労務士等)が、事業場を訪問し、ストレスチェック制度の導入をお手伝いします(ストレスチェックの実施はできません)。費用は無料です。以下のような内容について支援します。

  • ストレスチェック制度とはなにか
  • ストレスチェック制度の導入はまず何からしたら良いか
  • 実施者と実施事務従事者の役割分担は?
  • 衛生委員会で制度の説明をして欲しい(上記2メンタルヘルス教育に含む)
  • 管理監督者に制度についての教育研修をして欲しい(上記2メンタルヘルス教育に含む)
     

メンタルヘルス教育/個別訪問支援のお申込

独立行政法人労働者健康安全機構 茨城産業保健総合支援センター
  住所 〒310-0021 茨城県水戸市南町3-4-10 水戸FFセンタービル8階   【地図】
  
予約・申込受付時間  午前8時30分から午後5時15分(月曜から金曜まで)
      (※相談日、受付時間は都合により変更となる場合があります。)
  電話 : 029-300-1221    ファックス : 029-227-1335

  PDF申込用紙PDF   WORD申込用紙WORD文書

ホームページからのお申込

▲ページTOPへ

メンタルヘルス関連 相談機関・資料・ツール等 


  1. メンタルヘルス相談機関のご案内       【PDF版】
  2. メンタルヘルスに関する資料・ツール等
  3. 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』
    働く人のためにメンタルヘルス・ポータルサイトが開設されています。
    主な内容 
    精神科/心療内科などの医療機関
    事例紹介
    Q&A
  4. メンタルヘルスに関するセミナーのご案内
  5. 茨城産業保健総合支援センターでは産業保健セミナーの中でメンタルヘルスに関するセミナーを随時行っています。
    セミナーの詳細及びお申込につきましては下記リンクボタンよりご確認下さい。

セミナー詳細ページはこちら

▲ページTOPへ

メンタルヘルス対策促進員プロフィール


飯塚 俊哉(特定社会保険労務士、産業カウンセラー)

水戸生まれ・水戸育ち、生粋の「水戸っぽ」です。
メンタルヘルス対策とは、働く人の「心」について、会社がどのように考えるか、の問題です。
社会保険労務士・産業カウンセラーの知識と経験を活かしながら、会社のメンタルヘルス対策について、皆様に寄り添い、一緒に考えることが出来れば幸いです。
よろしくお願い致します。


大森 惠司(産業カウンセラー)

埼玉県出身で、都内大学卒業後大手家電メーカーに就職、主として国内営業担当。
定年退職後、雇用・能力開発機構、ハローワーク、いばらき就職支援センター等の公的機関でキャリア相談業務を足掛け10年経験。この間、民間人材支援会社でEAP業務(研修講師・カウンセリング)を約4年間経験しています。
趣味は自転車、スキー、カメラです。よろしくお願いいたします。


斉藤 治男(社会保険労務士)  

古河市に住んでいます。地元の企業で32年間勤務し、この間約25年、人事労務の仕事に携わり、多くの悩み事やトラブルに接してきました。退職後は社会労務士として労務管理、人材育成の仕事をするかたわら、現場の改善活動、経営改善活動の仕事もさせていただいています。
昨今の自殺の高水準化に危機感をもっています。是非、働く人の立場、企業戦力防止の経営者の 立場にたって、お役に立てればと思っています。


鈴木 弘美(産業カウンセラー)

宮城県出身で、仕事のスタートは証券会社総務課勤務です。
さまざまな職業の後、40代になってからカウンセラーを目指し、現在は4つの資格でメンタル・キャリアのカウンセラーとして活動しています。心療内科のカウンセリングや就職支援の経験もあります。
また、青年期の発達障害者自助グループ(メジロの会)を立ち上げ、サポートしています。現在、自殺予防と、慢性疾患を持ちながらの就業についてサポートできるように、学びを重ねています。メンタルヘルス管理監督者の研修では、ロールプレイを入れて、知る→分かる→知恵になる、を目指しています。よろしくお願いします。


田村 清俊(産業カウンセラー)

昭和27年に生まれ、幼稚園から高校まで水戸で育ちました。電気工作が大好きで、企業に就職するまで机の上に温まった半田ゴテがないと落ち着かないというような生活を送っていました。
心に興味を持ったのは大学時代で、電気系の仕事を30年間経験した後、産業カウンセラーになりました。研修では、日ごろ心について考える機会のない方にも分りやすく、役立つものが残るよう心がけています。よろしくお願いいたします。


徳田 徹也(社会保険労務士)

社会保険労務士として、就業規則の整備や労務管理などを中心に、専門家としてアドバイスをさせていただいております。コンプライアンスを意識したルール作りは、労使間のトラブルを未然に防止すると同時に、働く人の納得感や安心感にもつながります。
 会社と働く人のより良い関係構築のお手伝いができれば幸いです。


富田 真美子(臨床心理士)

行政機関や私立大学で相談業務を行っています。
皆様と共にメンタルヘルスについて考えていければと思っています。  よろしくお願い致します。


中川 一史(特定社会保険労務士、産業カウンセラー)

微力ながら、メンタルヘルス対策のサポートを通して、明るく、健康的な職場環境づくりのお手伝いをさせていただければと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。


宮田 美冬(社会保険労務士・医療労務アドバイザー)

重要無形文化財に指定された結城紬が特産の結城市に事務所があります。主に県西地区の事業所を担当させていただきます。改正めまぐるしい労働法関連の知識及び社労士としての経験を活かし、皆様のお役に立てるよう努めていきます。よろしくお願いします。


渡辺 眞佐美(特定社会保険労務士、シニア産業カウンセラー)

長野市出身です。電機メーカーでエンジニアや、工場責任者として長く勤務しました。間もなく定年という時期に経験した工場閉鎖・会社合併を機会に、法律や人の支援に関する勉強を始めました。
 現在は、社会保険労務士業務の傍ら、セミナー講師、家裁調停委員、キャリアコンサルタントや産業カウンセラー養成講座の実技指導者などを務めております。趣味はゴルフ、日曜大工と学生時代の仲間と毎月登山しております。今までの経験を基に会社と働く方の支援ができれば幸いです。


▲ページTOPへ
メンタルヘルス相談期間のご案内

メンタルヘルス対策支援に関するツール

働く人の心の健康相談室

働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」

お仕事や職場でお悩みの方へ
こちらをご利用ください。

働く人のこころの健康相談室

茨城産業保健総合支援センターの専門スタッフがお手伝いします